暮らしにまつわるあらゆるものが、インターネットとつながるIoT。最近では、アマゾ...

コーヒーをデジタル化すると、おいしくなった。

暮らしにまつわるあらゆるものが、インターネットとつながるIoT。最近では、アマゾンエコーや、グーグルホームなどが日本全国で発売されたほか、歯ブラシや体温計など日常生活のIoT化が加速しています。食の世界でも、アプリと連動してレシピがダウンロードできる電子レンジが登場するなど、その流れは家庭の中へと広がりを見せ、いよいよコーヒーの世界にも。それがクオリティコントロールシステム。acaiaとキーコーヒーによって開発された技術で、おいしいコーヒーを楽しむための機能が搭載されています。さて、コーヒーがIoTと出逢うことで、どんな未来が広がっていくのでしょうか。

プロのレシピを可視化し、コーヒーを一流の味わいに。

独学では身につけることが難しい、おいしいドリップコーヒーを入れるためのコツ。その問題をすんなり解消することができるのが、クオリティコントロールシステム。誰もがおいしくコーヒーをハンドドリップできるように、たとえばコーヒー豆の分量や、秒単位でのドリップの時間、蒸らし時間の目安などプロのドリップを丸ごと可視化します。お好みの味やコーヒー豆の種類別に、最適な抽出時間やガイドが設定されたマスタープリントレシピも搭載されているので、まるでなぞり描きをするようにガイドに合わせたタイミングとお湯の量でドリップするだけで、熟練のマスターやバリスタと同じ味のコーヒーをハンドドリップすることができるのです。ハンドドリップの達成度を評価し、記録することもできるので、どれだけ上達したかのチェックができるのもポイント。では、実際にアプリを使ってペーパードリップにトライしてみましょう。

プロのレシピを可視化し、コーヒーを一流の味わいに。

実際に、アプリを使ってドリップしてみた。

まずはじめに、スマートフォン、タブレットで「Brewmaster JP」を起動。「acaiaスケール」と端末をBluetoothで接続します。メニュー画面からなぞり描きを選択し、マスタープリントから、レシピを選択。今日は、スタンダードな標準レシピでハンドドリップに挑戦してみましょう。レシピには、用意するコーヒー豆の分量と、抽出時間、お湯の量が記載されているので、分量にあわせたコーヒー豆とお湯を準備します。「acaiaスケール」の上にドリッパーを乗せ、コーヒー豆を20g量ります。その後、抽出器具を「acaiaスケール」にセットし、目盛りを0に合わせます。ここまで来たら準備は完了。スマートフォン、タブレットのスタートボタンを押して抽出を開始。注ぐお湯の量によって上下する折れ線が、グラフをなぞるようにケトルからお湯を注いでいきます。最初はグラフに合わせるのに苦労しますが、少しずつ慣れてきたような・・・気もします。蒸らしのタイミングなどもガイドしてくれるので、まずはグラフから大きく外れないように湯量を一定に保ちます。お湯が一定になるように、丁寧に注ぐのが一番大切な手順かもしれません。抽出が済んだら、完了ボタンを押します。すると、画面になぞり書きの達成度が!81.2パーセント!初回にしては、優秀な数字ではないでしょうか。でも、ここで満足してはいけません。本当に大事なのは点数より完成したコーヒーの出来です。まず驚いたのが、その香り、自分で入れたコーヒーがこんなに香り高くなるとは思っていませんでした。味わいも、コーヒーの味がしっかり。これは、ちょっとすごいかも。

コーヒーの抽出を可視化し、評価し、記録する。

それでは、クオリティコントロールシステムの機能をおさらい。搭載されている機能は、大きく3つ。 ①コーヒーの抽出を可視化する。 コーヒーの抽出を可視化することで、どのくらい時間をかけ、どのくらいの湯量をどのタイミングで注げばおいしいコーヒーをいれられるのかが一目瞭然に。マスタープリントレシピも搭載されているので、コーヒー豆の種類やお好みの味に合わせたハンドドリップにもトライできます。 ②お手本となるマスタープリントレシピとの差を可視化し、達成度を表示する。 ハンドドリップをしておしまいではなく、マスタープリントレシピとの差を元に達成度を表示。自分がどの程度、正しいハンドドリップを習得したかの目安になります。達成度はパーセンテージで表示されるので、高評価を目指して何度もトライしてしまいます。 ③抽出データの情報を保存・管理・共有できる。 抽出データは、保存・管理・共有することが可能です。ハンドドリップの上達を確認できるだけでなく、たとえば実際に抽出してみて、お好みの味に仕上がったとき、その抽出を保存しておけばいつでも同じ味を再現することが可能になるのです。

コーヒーの抽出を可視化し、評価し、記録する。

アプリのこれからの可能性。

このアプリは、まだまだ生まれたばかり。将来的には有名バリスタのレシピが公開されたり、コーヒー通の方が秘伝のレシピを共有してくれたりするなど、今後さらなる広がりを見せてくれるのではないでしょうか。専用の機器を準備するだけで、ペーパードリップの基本が身につき、プロの味わいが楽しめるクオリティコントロールシステム。自宅で楽しむコーヒーライフに革命を起こしてくれる新しい方法になる、そんな予感がしました。ぜひあなたも、コーヒーの味わいの変化を実感し、難しいペーパードリップの基本を身につけてみては、いかがでしょうか。

アプリのこれからの可能性。

ご購入はこちら[KEY COFFEE 通販倶楽部]

↑ トップページへ戻る