コーヒーをおいしく味わうための盲点。それは保存の方法です。

コーヒーをおいしく味わうための盲点。それは、いれる方法でも、コーヒー豆の種類でもなく、鮮度保持のための豆や粉の保存方法です。

香りのよいコーヒーをこよなく愛し、毎日コーヒーを飲むことを日課とするほどの愛好家であっても、意外と無頓着なことが多いのが、コーヒー豆の保存方法についてです。とくに豆からは常時香りの成分であるアロマ(ガス)が噴出しつづけているため、その香りをいかに逃さないか、その方法がおいしさを保つコツになります。では最適なコーヒー豆の保存方法は? 冷蔵庫がいいの? それとも冷凍庫? はたまた陽の当たらない暗室で常温保存??? 他にもジップロックのような真空パックに入れたり、コーヒー豆の成分の劣化を防ぐためには、さまざまな方法があると言われています。コーヒーを毎日飲むような人であっても、その方法は意外と意見が分かれるところです。ということで、今日はそんな議論に決着をつけるべく、正しくコーヒー豆の鮮度を保つための保存方法を紹介したいと思います。この記事を読めば、あなたもついに"真のコーヒー愛好家"です!

コーヒー豆は、鮮度が命の「生鮮食品」だと思ってください。

考えてみれば当然ですよね。コーヒー豆は焙煎されているとはいえ、元々は果実なのですから。野菜や卵、魚のように、いわゆる鮮度の保持が重要な生鮮食品といっても差し支えありません。空気に触れた時点で酸化(劣化)がはじまりますし、いかに真空に保って成分を逃がさないかがポイントです。けれどもコーヒー豆についての問題は、他の食材のように鮮度が劣化していく様子が目に見えないということ(かろうじて香りはわかりますが…)。空気に触れるほどに、コーヒー豆の酸化(劣化)が進み、鮮度が落ちていくことは、さきほども申し上げたように、他の生鮮食品と同じなのです。また、コーヒー豆の場合は香りの元となるアロマ成分(ガス)もどんどんと逃げてしまいます。ですので、正しくコーヒー豆を保存できていたとしても、豆の状態で1ヶ月、粉の状態では2週間が、焙煎されたコーヒー豆をおいしく飲める限度となる期間です。それ以降、期間が経過してしまうと、鮮度や味は格段に落ちてしまうため、その期間内に飲みきってしまうことをおすすめします。ということで少し前置きが長くなりましたが、肝心の保存方法についてお教えします。

コーヒー豆の保存方法のポイントは、「湿度」「温度」「酸素」「光」の4つ。

スーパーや自家焙煎店、カフェなどで自分の好きな味や香りのコーヒー豆を購入したはいいけど、その味や香りを劣化させないようきちんと保てないようでは、コーヒー愛好家とは言えません。結論から言うと、コーヒー豆の保存方法のポイントは「湿度」「温度」「酸素」「光」の4つです。これさえできていれば、コーヒー豆に含まれる成分を最適に長く保つことができるのです。できるだけ湿度と温度が低く、酸素や光に触れにくい状態をつくることが、おいしさを保つことにつながるからです。たとえば冷蔵庫は一見すると最適な場所のように思われがちで、その条件を満たしていそうですが、注意していただきたいのは取り出したときのコーヒー豆の温度変化です。コーヒー豆が外の空気に触れたとき、温度差によって水分がついてしまうことがあります。これではせっかく低温でキープしていたコーヒー豆の成分が一気に劣化してしまいます。ですのでコーヒーをいれる際は、容器から必要な分量を取りだしたら常温になってしまう前に、すぐに冷蔵庫に戻してください。つづいて最適な保存容器の形態についてご紹介します。一般的には、缶派と袋派が多いと思います。どちらの場合も、なるべくコーヒー豆が空気に触れない環境をつくってください。それが香りや味を逃がさない方法です。袋であれば空気を押し出して真空をつくり、クリップ等を使って空気に触れないようにすることをおすすめします。コーヒー豆を缶で保存する場合は、古いコーヒー豆の油が中に残っているので、新しく詰め替える前にきちんと残った成分をふき取りましょう。このように正しくコーヒー豆を保存していくことで、“焙煎したてのおいしさ”“挽きたての香り”に近い状態で、鮮度のあるいわゆる生鮮食品の状態でコーヒーを長い期間楽しむことが可能になるのです。コーヒーを選ぶときに産地にこだわる人は多いですが、最適な保存方法を理解してこそ、本当のコーヒー好きと言えるでしょう。

コーヒー豆の保存方法のポイントは、「湿度」「温度」「酸素」「光」の4つ。

↑ トップページへ戻る