夏場に冷蔵庫に入れておきたいリキッドコーヒー。

夏場に冷蔵庫に入れておきたい
リキッドコーヒー。
価格で選んでいませんよね?

コーヒー好きにとっては、豆にこだわるのは当たり前の話。最近ではお気に入りの豆を買う人も増え、なかには自分で焙煎をするなんて強者もいるようで、コーヒーはブームではなく、ライフスタイルを彩る一部になっています。とはいえアイスコーヒーはというと、そこまでのこだわりを持つ人はまだまだ少数派。でもちょっと待ってください! これからの季節、おいしいアイスコーヒーさえ知っていれば、おいしく心地よく過ごせること間違いなし。ということで今回は、おいしいアイスコーヒーの選び方についてご紹介します。とくに初夏から夏に向けて活躍のシーンが増える"リキッドコーヒー"の選び方をご紹介。ポイントは2つ。「レギュラーコーヒー」でつくられていること。そしてコーヒーの味を引き立たせる「水」へのこだわりです。

アイスコーヒーも、 断然インスタントよりレギュラーがおいしい。

リキッドコーヒーは、夏場に冷蔵庫に入れておいて飲みたいときに飲めるのが便利ですよね。でもスーパーでは種類が多いわりに、違いがわからず、価格で選んでいる人も多いのでは? せっかく飲むなら、おいしさで選んでほしいから、その際のコツをお教えします。最初にも紹介したように、レギュラーコーヒーかどうかは、おいしさに影響する大きなポイントです。つまり、インスタントコーヒーのようにコーヒーのエキスを抽出し、その後薄めてコーヒーにしたものか、それともレギュラーコーヒーのように、ドリップしてつくったコーヒーかどうかです。インスタントコーヒーの場合は、どうしてもコクや香りは弱くなってしまいますので、コーヒーのおいしさは圧倒的に後者に分があります。こだわり派の人は、かならずレギュラーコーヒーとしてドリップされた商品を選びましょう。パッケージを見れば、「レギュラーコーヒー使用」や「レギュラーコーヒー仕立て」という言葉が書かれているはずです。

アイスコーヒーも、 断然インスタントよりレギュラーがおいしい。

すっきりした口当りに仕上げる白州の天然水。

そしてもうひとつ、アイスコーヒーの命運を左右するのが水。もちろんリキッドコーヒーの場合、各メーカーは水にこだわっているのですが、そのおいしさを見分けるポイントはミネラルバランスです。軟水か硬水かは、コーヒー好きの中でも意見が分かれるところですが、日本人になじみがあるのは軟水です。マイルドな口当りが豆の苦味を引き立たせ、すっきりとした味わいに仕上がるのが特徴です。このあたりは微妙な違いですが、ここまでこだわればコーヒー通を自負してもいいでしょう。おいしいリキッドコーヒーは、自宅の冷蔵庫に入れておくと、急な来客に対してもさっとおもてなしができるため、夏にはとっても便利です。

すっきりした口当りに仕上げる白州の天然水。
レギュラーコーヒーと天然水を使用した、本当においしいリキッドコーヒーはこちら

↑ トップページへ戻る