家でおいしいコーヒーをいれるポイントは、
技術と器具と、選ぶ豆。

コーヒーが好きな人の中には、ご家庭でコーヒーを自らドリップして味わっている方も多いのではないでしょうか。お家でコーヒーをいれているもののドリップへの自信がない方やドリップデビューを考えているコーヒービギナーに向けて、お家でおいしいコーヒーをいれるための「技術だけじゃない」コツとポイントをご紹介します。

ドリップコーヒーのおいしさを左右するのは、
技術だけではないんです。

「ドリップコーヒー」と聞くと、つい技術面の難しさをイメージしてしまうのではないでしょうか。確かに、お湯の注ぎ方、時間の調整、蒸らし方などに挙げられる「技術」の良し悪しは、コーヒーのおいしさに関わってきます。

「ペーパードリップコーヒーのいれ方動画解説!必要な器具やコツもご紹介」

とはいえ見様見真似でやってみても、なかなかコツが掴めなかったり、合っているのかよく分からなかったり。自分のドリップ技術に自信のある人は、実はそんなに多くはないのではないかと思います。
そこでみなさまにお伝えしたいこと。それは、おいしいコーヒーをドリップするためには技術だけでなく、「豆選び」そして「使う器具」がポイントになってくるということです。

ドリップコーヒーのおいしさを左右するのは、<br>技術だけではないんです。

実はコーヒー豆には、
味の違いだけでなく「抽出難度の違い」がある。

「家庭での抽出に適したコーヒー豆」があることをご存知でしょうか?
コーヒー豆の種類焙煎度合いによる味の違いはあらゆるコンテンツで紹介されているものの、「抽出難度」については今まであまり語られてきませんでした。
実はコーヒー豆によって、味に差が出るだけではなく、抽出のしやすさが変わってくるのです。
まずは豆の固さ。固く引き締まったコーヒー豆にはおいしさが詰まっている反面、その抽出には高い技術が求められます。初めてドリップコーヒーをいれる方は、抽出のしやすいやわらかい豆から始めてみることをおすすめします。
次に豆の焙煎度合い。深煎りのコーヒー豆ほど、豆自体も水分を吸ってくれるので、ドリップビギナーでも比較的抽出しやすくなっています。

実はコーヒー豆には、<br>味の違いだけでなく「抽出難度の違い」がある。

家庭での抽出しやすさにこだわった、
キーコーヒーの「SINCE2020」

キーコーヒー創業100周年を記念して生まれたブランド「SINCEシリーズ」の新商品「SINCE2020」は、家庭での抽出しやすさにこだわったブレンドのコーヒーです。ドリップしやすいとされる「やわらかい豆」を「やや深煎り」に焙煎することによって、雑味を出さずにおいしさを抽出しやすいブレンドに仕上がっています。
「SINCE2020」は、未来に向けてコーヒーの可能性を広げ続けるキーコーヒーの、「コーヒーはいれる時間から楽しめる」という新たな提案でもあります。ドリップに苦戦していたり、おいしく抽出できているのか分からなかったりするみなさまもきっと、コーヒーをいれる楽しさを味わえることでしょう。
コーヒーをいれる楽しさを味わえる「SINCE2020」について詳しくはこちらから

家庭での抽出しやすさにこだわった、<br>キーコーヒーの「SINCE2020」

使う器具でも、抽出のしやすさはアップする。

誰でも簡単においしいコーヒーを抽出できるドリッパー、「クリスタルドリッパー」をご存知ですか?円すい型でお湯が均一に浸透するため、バランスの取れた味わいを出すことができるだけでなく、ダイヤカット形状によって、注がれたお湯がカットに沿ってゆっくりと流れ落ちてくれるので、抽出スピードが最適なものにコントロールされ、おいしさを最大限に引き出してくれるのです。
このように、コーヒーをドリップするために用いる器具によっても、抽出のしやすさはアップします。お湯を注ぐためのケトルも注ぎ口が細いタイプを選ぶと、細かく安定したお湯が落とせるほか、狙った場所にお湯を注ぎやすくなるのでおすすめです。
ハンドドリップは、ハードルが高いと思われている方が多いかもしれませんが、抽出しやすい器具・豆を揃えて、ぜひ一度お家でハンドドリップをお試しください。ハンドドリップの楽しさにきっと夢中になるはずです。

使う器具でも、抽出のしやすさはアップする。

技術×器具×選ぶ豆で、
コーヒータイムはいれる時間から楽しくなれる。

技術だけでなく、使う器具や選ぶ豆との相乗効果で、おうちで飲むドリップコーヒーはもっとおいしく生まれ変わります。コーヒーの新たなおいしさを実感できたとき、いれる時間から、あなたのコーヒータイムは今まで以上に豊かになることでしょう。コーヒーの楽しさを拡げる一杯を是非ドリップでいれてみてください。

技術×器具×選ぶ豆で、<br> コーヒータイムはいれる時間から楽しくなれる。
続きを読む

↑ トップページへ戻る