監修  キーコーヒー株式会社 マーケティング本部コーヒー教室兼イリーインストラ...

ハンドドリップVSコーヒーメーカーあなたはどっち派?味やいれ方の違い

投稿日時:2020.07.09


ほっと一息つけるコーヒータイム。いれ方やスタイルによってコーヒーの味の楽しみ方はさまざまです。自宅でゆっくりと楽しめるハンドドリップと忙しい朝でも手軽に作れるコーヒーメーカーでは、どのように味の違いが出るのでしょうか?今回は、それぞれの味の違いや特徴、さらに美味しくいれるポイントなどを紹介していきます。自分にピッタリのコーヒースタイルを見つける参考にしてみてください!

「コーヒーメーカー」と「ハンドドリップ」の味の違いとは?

コーヒー

自宅でコーヒーをいれる際は、ハンドドリップやコーヒーメーカーでいれる方も多いと思いますが、この2つの味の違いはどんなところにあるのでしょうか?気になる両者の味の違いについて見ていきましょう!

安定した味わいが楽しめるコーヒーメーカー

スイッチひとつで手軽に楽しめるのが魅力の「コーヒーメーカー」。鮮度管理を守ることで、飲みやすい濃度でコーヒーを作ることができます。いつでもバランスの良い味わいが楽しめるのも特徴ですが、「蒸らし不足」になりがちのため、ハンドドリップと比較して物足らない味わいになってしまうことも。

いれ方次第で理想的な味わいを引き出せるハンドドリップ

安定した味わいが特徴のコーヒーメーカーとは異なり、ハンドドリップは、いれ方次第で自分好みの理想的な味わいを引き出すことができます。また、オリジン本来の味わいが抽出しやすいのもハンドドリップの特徴。ただし、コーヒーメーカーのように、湯量が少な過ぎたり、多過ぎたり、浸み込んでないところがあると蒸らし不足になり、2回目の注湯時に影響が出ることも。理想の味わいを引き出すためには、知識や経験も必要となってくるでしょう。

ハンドドリップとコーヒーメーカーで、味の違いが出るのはなぜ?

両者の味の違いは、1回目の粉に湯を馴染ませる方法と、抽出時のお湯が流れる速さ(流速)や湯量が関係しています。ただし、コーヒーメーカーでは、機種により流速と湯の馴染ませ方が異なるため、味わいにも違いが出てきます。さらに、詳しく両者の味の特徴について、下記で見ていきましょう。

コーヒーメーカーでいれたコーヒーの特徴

コーヒー

<味の特徴>

味は安定していますが、やや物足りない味わいで、後味に苦味がくる傾向が多いです。蒸らし不足になりがちなため、2回目の注湯時の香味や濃度が抽出不足となってしまうためです。また、始めから最後までの湯温と湯量が一定のため、後半に抽出される苦味がバランス的に多くなるのです。ただし、使用するコーヒーメーカーの種類や、抽出方法によっても味は異なります。

メリット

初めての方でも手軽にコーヒーをいれることができます。一定の条件で抽出できるので、「安定した味わい」のコーヒーが楽しめるでしょう。忙しい時も、セットさえすればボタン1つで時間の経過でできあがり、保温しておけるので一定の時間、冷めないコーヒーを飲むことができますよ!忙しい時に何杯かまとめて作る事ができるのも嬉しいメリットです。

また、コーヒーメーカーと一口に言っても、温度や注湯量を途中で変更できるタイプや、豆の挽き具合も調整できるもの、浄水機能が備わっているものなど種類も多様です。自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

デメリット

味わいは単調でやや物足りないと感じるでしょう。抽出量が多いと過剰抽出となり、後味に渋みが残る傾向となるのも特徴と言えます。また、手軽にコーヒーを作れますが、使った後はパーツを分解して掃除をする必要があります。お手入れをサボってしまうと水アカが溜まるなど、故障の原因になってしまうこともあるので、日常のお手入れをきちんと行いましょう。

【こんな方におすすめ】
・気軽にコーヒーを楽しみたい
・いつも安定した味わいを楽しみたい
・コーヒーの抽出時間も、有効に使いたい
・デザイン性のあるコーヒーメーカーで、スタイリッシュな生活を楽しみたい
・オフィスや自宅などで、まとめてコーヒーを作りたい

おすすめのコーヒーメーカーと選び方のポイント

コーヒー

コーヒーメーカーは簡単に美味しくコーヒーを作れるのが魅力ですが、さまざまなタイプがあるため、どのメーカーを選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、初心者向けと、こだわりたい方向けにおすすめのコーヒーメーカーについて解説します。

初心者向け

初心者におすすめしたいのが、比較的、低価格なミルなしタイプのドリップ式コーヒーメーカーです。3~3.5分以内の抽出時間で、湯温設定は90℃のものが適切。また、蒸らし機能有無や、機能がシンプルかどうか、パーツを分解して手入れがしやすいかどうかもポイントです。

続いておすすめなのが、ミル付きの全自動タイプのもの。1万円以上と高価格なものがほとんどですが、コーヒー豆と水をセットするだけで、自動に抽出・保温でき、さらに自動オフ設定が備わっているタイプであれば、朝の忙しい時にそのまま外出もできて安心です。

【初心者でも安心!コーヒーメーカー選びの3つのポイント】

①ドリッパーの形をチェックしよう
1つ穴タイプのものは、じっくりと抽出されるのでコクがあり、しっかりとした味わいに。複数穴タイプのものは抽出が早いため、すっきりした味わいの傾向があります。

②サーバーはガラス製やステンレス製がある
抽出後、すぐに飲みたい方はガラス製で。後でゆっくり飲みたい方は、保温性があるステンレス製がおすすめです。

③ドリッパーのフィルターは紙タイプとメッシュタイプがある
紙フィルターのタイプの方が飲みやすいので初心者におすすめです。メッシュタイプは、油分が入ったり、微粉が入ったりして、味わいが重くなる傾向に。

味にこだわりたい人向け

こだわりのコーヒーをいれたい方には、湯温の調節や豆の挽き方などお好みの設定に変えることができるコーヒーメーカーがおすすめ。豆の挽き具合や温度、注湯量、注湯時間、注湯回数、さらにはドリッパーの形や穴の数、蒸らしは、コーヒーの抽出液に大きな影響を与えます。そこを設定で変えられるコーヒーメーカーであれば、色んな味が表現できるので、面白さも広がるでしょう。

しかし、さまざまな機能が付いている反面、お手入れが少々大変な部分も。美味しいコーヒーを作るために、お手入れはこまめに行いましょう。

ハンドドリップでいれたコーヒーの特徴

コーヒー

続いて、ハンドドリップでいれた際のコーヒーの特徴についても見ていきましょう。

<味の特徴>

お湯がコーヒーの粉に注がれた状態を見ながら抽出のコントロールができるため、自分の理想の味わいを作ることができます。つまり、「コーヒーの焙煎度合」や、「焙煎してからどれだけ時間が経ったか(焙煎後のエージング)」、「鮮度」、「コーヒーに含まれる炭酸ガスの量」、「配合」や「挽き目」など、これらすべてを自分で考え、抽出の調整ができるので、コーヒーの味わいをしっかりと引き立てることができるのです。

さらに、蒸らしの状態や、2回目の湯量、3回目以降の注ぐタイミングなどの3つのポイントを守れば、より美味しさや技術を追求したくなる味わいを体験できるでしょう。

メリット

いれる過程から香りや泡の膨らみ具合などが楽しめます。また、お湯がコーヒーの粉に注がれた状態を見ながら抽出できるので、湯量や注ぐタイミングを調整できるのもメリットと言えるでしょう。

デメリット

注ぐ湯の量やタイミングなどで全く違う味わいになることも。そのため、初めての方は練習が必要でしょう。もちろん、美味しく安定したコーヒーを作るために、その過程も楽しむのが醍醐味とも言えます。また、コーヒーができあがるまでには、湯沸してから抽出、片付けまで時間を費やすので、忙しいシーンで使うのには向いていません。

【こんな方におすすめ】
・自分の理想の味わいを作りたい
・いれる時間を楽しみたい
・レギュラーコーヒーデビューの方やコーヒーの美味しさを追求したい方
・おもてなしとして本格コーヒーを提供したい

コーヒーメーカーで美味しくいれるコツ

コーヒー

ハンドドリップと、コーヒーメーカーでは、それぞれ味の特徴が異なることが分かりましたね。では、それぞれどのように作ればより美味しいコーヒーができあがるのでしょうか?ここでは、コーヒーメーカーを使った基本のいれ方や美味しくいれるコツをご紹介します。ただし、メーカーによってコーヒーをいれる際に用意すべきものや、いれ方が異なる場合もあるため注意しましょう。

【準備するもの】
・ペーパーフィルター(コーヒーメーカー推奨)
・コーヒー粉
・コーヒーサーバー(コーヒーメーカー付属品)
・ドリッパー(コーヒーメーカー付属品)
・メジャースプーン(又は 量り)

≫キーコーヒーおすすめのコーヒー粉はこちら≪

①ペーパーフィルターをセットして、粉を入れたら表面を平らにならしましょう。
凹凸があると湯が低い方へ流れ、粉全体に行きわたらなくなってしまいます。

ワンポイントアドバイス

ペーパーフィルターをセットする前に、ドリッパーとサーバーに湯を通して温めましょう。ドリッパーを温めることで、抽出効率を高め、コーヒーの香り立ちがよくなるためです。また、サーバーを温めるのは濾されたコーヒーの風味を損なわないため。冷たいと温度が下がり、保温で加熱されることになるので大切な行程です。

②抽出量に合わせて目盛りに従い、コーヒーメーカーに水を入れましょう。

③スタートボタンを押すと、抽出が始まり、自動でコーヒー粉にお湯が抽出されていきます。

④抽出が終われば、カップにコーヒーを注いで完成です。

≫キーコーヒーおすすめのコーヒーマシンはこちら≪

ハンドドリップで美味しくいれるコツ

コーヒー

ポピュラーなペーパードリップでのいれ方を例に、美味しくいれるコツも併せてご紹介します。

【準備するもの】
・ドリッパー(又は ロト)
・メジャースプーン(又は 量り)
・サーバー
・コーヒー粉(中挽き)
・コーヒーケトル
・ペーパーフィルター

≫おすすめキーコーヒーの抽出器具はこちら≪

目安の分量
杯数 コーヒー粉量 でき上がり量
1杯 10g 120ml
2杯 20g 240ml
3杯 30g 360ml

≫キーコーヒーおすすめのコーヒー粉はこちら≪

【基本のいれ方】

①まず、ドリッパーとサーバーにお湯を通して器具を温めます。

②ペーパーフィルターをドリッパーに密着させ、杯数分のコーヒー粉を入れます。この際、粉の表面を平らになるようドリッパーを持ち上げ軽く振りましょう。こうすることで、お湯が全体にムラなく行き渡ります。

③次に、お湯を注ぎ分けていきます。一回目は、粉全体にお湯が浸み込むように、中央から外側に向かって渦を描くようにしましょう。一回目のお湯が注ぎ終わったら20秒ほど蒸らします。

コーヒー

④2回目のお湯を注ぐ際は、1回目よりもたっぷりと注いでいきます。小さい円を描くようなイメージで繰り返し注ぎましょう。また、抽出を促すために、泡がなくならないうちに次の注ぎを行うことがポイント。

コーヒー

⑤3回目以降も、お湯を注ぐ際は、表面の泡が崩れないうちに注ぐことを意識しましょう。ここでは、2回目よりも少ない湯量で注ぐのがポイントです。

コーヒー

≫さらに詳しく!ペーパードリップコーヒーのいれ方解説動画はこちら≪

≫抽出方法の種類やそれぞれの抽出時のコツについて知りたい方はこちら≪

あなたはコーヒーメーカー派?ハンドドリップ派?

コーヒーメーカーと、ハンドドリップのそれぞれの味の特徴やいれ方について解説してきましたが、実際のコーヒーメーカー派とハンドドリップ派の意見を参考に、ぞれぞれの魅力について見ていきましょう。

【コーヒーメーカー派】
・美味しいし手間もかからないから(38歳・男性・会社員)
・手軽に本格的なコーヒーが飲めるから。(31歳・男性・パート・アルバイト)
・お店並みに美味しいと思います。(男性・33歳・会社員)
・手軽なのに美味しく飲めるから(27歳・女性・専業主婦)
・コーヒーをいれている間に朝食の用意ができるから。豆から挽くタイプなので香りがいい。(44歳・女性・専業主婦)
【ハンドドリップ派】
・豆から挽いてハンドドリップすると美味しいと感じるので(30歳・女性・専業主婦)
・やっぱりドリップコーヒーが一番美味しい。いれる条件によって同じ豆でも味が変わるのが面白い。(42歳・女性・その他)
・後片付けがマシンより楽(ドリッパーとカップを洗うだけ)なので。(36歳・女性・専業主婦)
・手軽で、いれているときの香りをのんびり楽しめるので。(38歳・女性・会社員)
・ドリップ式が好きです。いれている時の香りがたまらない!(43歳・専業主婦)

取材協力:ミルトーク

コーヒーの楽しみ方は、ライフスタイルや味の好みに合わせて人それぞれです!もちろん、ゆっくりしたいときは、ハンドドリップ、時間がない忙しい時はコーヒーメーカーなど、シチュエーションに合わせて選ぶのも良いですね。

コーヒー好きによるコーヒー豆へのこだわりや習慣を知りたい方は、併せて下記の記事もぜひチェックしてみてください。

≫コーヒー好きのみなさんのこだわりとは?6種類のコーヒー飲み比べ≪

自分らしいコーヒースタイルを見つけて、至福の一杯を楽しもう。

今回は、ハンドドリップとコーヒーメーカーのそれぞれの味の違いや特徴、いれ方のコツをご紹介しました。生活スタイルや、味わいの好みに合わせて、自分にピッタリのコーヒースタイルを見つけられると良いですね!

また、自分好みのコーヒーや器具をお探しの方は、KEYCOFFEE通販倶楽部でのオンラインショッピングがおすすめです。季節のおすすめコーヒーから人気産地のコーヒー、通販限定のコーヒーまで、豊富な種類をご用意しています。

続きを読む

↑ トップページへ戻る