知れば知るほど、「なるほど!」と思える工夫があるんですね。| 主婦 副島治菜さん

知れば知るほど、「なるほど!」と思える工夫があるんですね。| 主婦 副島治菜さん

お湯の量を正しく入れるだけでこんなにも味って変わるんですね。

コーヒーは大好きで、カップにのせるタイプのコーヒーは毎朝飲んでいます。午後はカフェラテをじぶんで入れたり、外出した時にはカフェで飲むことも多いですね。スーパーで買う際はとくにブランドにこだわりはなく、ドリップ オンを買うこともあります。パッケージのデザインを見て買うことがほとんどですね。 今回あらためて、ドリップ オンのしくみやおいしさについて教えていただき、知らなかった発見がたくさんありました。大きめのマグカップを使っていたので、知らないうちに既定の量よりもお湯を入れすぎていたこと。140mlというのが目安だと聞きましたが、お湯を入れすぎてかなり味は薄くなっていたみたいです。正しい量のお湯で飲んでみると、いつもよりコクがあるように感じましたから。

お湯の量を正しく入れるだけでこんなにも味って変わるんですね。

ぽたぽた落ちるスピードにちがいがあるなんて知らなかった!

今回いちばん驚いたのが、お湯が落ちるドリップのスピードです。よく観察してみると、ドリップ オンはカップに落ちるのがすごく遅いですね。ほかのコーヒーだとお湯を注いだ瞬間にカップにドリップされるようなイメージでしたが、ドリップ オンはお湯が滞留しているのが目で見えます。味がしっかりと出ている理由がわかりました。ドリップ オンはコーヒーらしい苦味がしっかりと残っているように思います。

ぽたぽた落ちるスピードにちがいがあるなんて知らなかった!

お友だちが来たときにドリップ オンは良いかも。

キーコーヒーは喫茶店のコーヒーという印象があって、自宅で飲むコーヒーという印象はあまりありませんでした(笑)。でも、こだわりを知るほどに「なるほど!」と思えることがあっておもしろいですね。ドリップのスピードを遅くするためにフィルターの材質にこだわっているところもそうですし、手順を読まずに開けても簡単にカップにセットできるところはラクでとてもよいと思いました。これまでは、お友だちが自宅に遊びに来てくれたときはエスプレッソマシンを使ってコーヒーをいれていましたけど、今回ドリップ オンのおいしい理由やほかのコーヒーとのちがいを知り、ぜひ使ってみたいと思いました。

お友だちが来たときにドリップ オンは良いかも。

プロフィール

副島 治菜 / そえじま はるな

副島 治菜   /   そえじま はるな

大手通信系企業に勤務後、結婚し退社。現在は2児の母として子育てをしながら、自分の時間も大切にしている。趣味は、友人と日帰り女子旅でリフレッシュをすること、神社仏閣巡りをして御朱印集めをすること、フットサルやサイクリングなど体を動かすことなど。最近興味があるのはバリスタで、自宅でラテアートをすることも。また、発達心理学にも興味を持っていて独学で勉強し、今後の自分の人生で役立てたいと思っている。感性を磨くために色々なことに興味を持ってチャレンジ中。

↑ トップページへ戻る