コーヒーのアロマに包まれる朝。一日のはじめに心を整えます。| アロマインストラクター 伊藤 博子さん

コーヒーのアロマに包まれる朝。一日のはじめに心を整えます。| アロマインストラクター 伊藤 博子さん

コーヒーはアロマもおいしさのうち。

Laule'a(ラウレア)というアロマコーディネーターの資格取得のための教室を自宅で行っています。以前は航空会社に勤めていたため、生活が不規則で、食事もバランスよく摂れておらず、さまざまな効果のあるアロマにはとても興味がありました。そしてもうひとつ、主人がスポーツ選手ということもあって、なにか心身をケアするためにできることはないかと思い、本格的にアロマを学びはじめました。 そしてもちろんコーヒーは、アロマやフレーバーを愉しむ飲みもの。とくにアロマには、さまざまな効果があることがわかっていますが、科学的に解明されていることは少ないのも事実。けれどもコーヒーのアロマの中には、リラックス効果のあるもの、一方で脳を活性化させる効果があるものなどがあることがわかっています。

コーヒーはアロマもおいしさのうち。

ハンドドリップでいれているような感覚になりますね。

ふだんからドリップ オンはよく飲んでいました。アロマ教室では生徒さんとマンツーマンのレッスンが多いのですが、いろんなことを覚えなくてはならない時間があって、ちょっと煮詰まってきた時やリフレッシュしたいときにコーヒーを出すことがあります。一杯分だけサッといれられるので、レッスンの時間がない中でも使い勝手がよいのがいいと思います。あとは、一人でゆっくりしたいときにもよく飲んでいます。朝、家族みんながまだ寝ているときに、ゆっくりとコーヒーをいれる時間が好きです。子どもや主人が起きてきた後だとこうはいきません。戦闘状態に突入してそれどころではありませんから(笑)。そうなったときは、コーヒーメーカーを使って他の用事をこなしながらコーヒーをいれます。 ドリップ オンは開けたときに香りがふわっと広がるので、いれる手順も含めてお気に入りの時間です。自分でハンドドリップする感じも本格的なコーヒーをいれているようで落ち着きます。湯気といっしょに香りに包まれるのも癒されますね。

ハンドドリップでいれているような感覚になりますね。

カップの上で安定しないと悲しいことに…。

子どもがラグビーをやっているので、練習や試合を見に行くことがあります。ポットにお湯を入れて持っていって、コーヒーをいれてみんなに配るととても喜ばれますね。とくに寒い季節はいいと思います。ただし、外でいれるときは、カップの上での安定性がとても重要だと気が付きました。以前、これはドリップ オンではないのですが、お湯をいれている最中にドボンとカップの中に落ちてしまったことがあります。カップにしっかりとひっかからないとそうなってしまうことがありますが、ドリップ オンはそのようなことはなく、よく考えられているなと思いましたね。

カップの上で安定しないと悲しいことに…。

プロフィール

アロマインストラクター
伊藤 博子 / いとう ひろこ

アロマインストラクター伊藤 博子   /   いとう ひろこ

JAA日本アロマコーディネーター協会認定校aromatherapy school Laule’a(ラウレア)代表。航空会社勤務後、アロマセラピーを学びJAAアロマインストラクターの資格を取得。アロマコーディネーター資格講座や1dayレッスン講座を開催。また、EJA耳つぼジュエリー協会認定校も兼ねており、施術や1day資格取得講座も実施・開催している。

↑ トップページへ戻る